ホームページ制作会社を選ぶ5つのポイント

企画力でホームページ制作会社を選ぶ理由

イメージ

一口にホームページ制作会社と言っても、その業務内容は千差万別です。
基礎からばっちり作り上げてくれて、アフターフォローも万全という会社もあれば、必要なページだけを作ってハイ終わり、なんて会社もありますし、ひどい時には詐欺まがいの手抜きページを作って高い費用を請求してくる会社もあります。

 

そんな様々な会社の中から、自分のイメージにぴったり合ったホームページを作ってくれる会社を選ぶ時の目安になるのが、その会社の「企画力」です。
「企画力」は目で見ることはできませんから、担当者との打ち合わせなどから推測するしかありません。

 

この記事では、ホームページ制作会社の企画力について、考えてみようと思います。

 

ここで言う企画力とは、「顧客の求めるウェブページの内容や、期待する効果を理解し、それを満たすだけのデザインを決めることが出来る力」の事です。
依頼人がホームページを制作したいと考える理由は様々です。
自社の商品を楽天などのマーケットで売りたい、地元以外の人にももっと足を運んでもらいたい、同業他社より目立ちたい、資料請求の窓口にして欲しい、などなど。

 

どんな理由でウェブページを開設するかによって、当然、必要となるコンテンツやデザインも変わってきます。
制作会社が一方的に薦めてくるお仕着せのデザインでウェブページを作っても、ニーズやコンセプトに合っていなければ、期待した通りの効果を上げることはできません。

 

そのため、制作会社には顧客のニーズを的確に捉えて提案を行う企画力が必要になるのです。

 

ところが、会社によってはこうした企画をほとんど行っていない会社も多数あります。
基本となるページのつくりやサイト全体の構成は依頼人が決めて、制作会社はそれを元にデザインをし、コーディングを済ませて納品します。
企画の部分の費用が省けるのでコストパフォーマンスは良くなるのですが、元となる部分を専門ではない人間が決めているので、どんなにデザインが良くても失敗する危険があります。

 

また、企画力のしっかりしている会社は、顧客とこまめにコミュニケーションを取るケースが多いので、実際に納品されるまでの間も、詳しく進捗報告があったり、細かいアドバイスを受けられたりと、より依頼人のニーズが反映されやすくなります。

 

ホームページ作成にどれだけの予算を当てているのかにもよりますが、ほんとうに良いページを作りたいのであれば、企画力の高い会社を選ぶほうがオススメです。

 



ホームページの立ち上げの準備について 制作会社を選ぶポイントとは ホームページの維持管理についての基礎知識 ホームページの見積りについて 目的別制作会社の選び方 リース契約はここが危険