ホームページ制作会社を選ぶ5つのポイント

リース契約するホームページ制作会社

イメージ

最近、「初期費用0円」を謳っているホームページ制作会社の広告をよく目にします。
ウェブページを作成しようと思うと、数十万の費用がかかってしまうことが珍しくないため、初期費用がタダというのは非常に魅力的なように思えますよね。

 

しかし、この謳い文句には注意が必要です。
なぜなら、あくまで初期費用がかからないというだけで、その後の毎月の契約料などをチェックしてみると最終的に数百万かかってしまうことがあるからです。
この記事では、そんな制作会社を選ばないためのポイントについて、ご説明していきます。

 

・初期費用0円の理由
ホームページを作成するのには費用がかかります。
コンサルティング料、デザイン料、コーディング費、その他諸々で、最低でも数万円以上はかかります。
それが何故0円で提供できるのか。
その理由は、ウェブページの作成以外にPCやソフトウェアをリース契約することで、サービスとしてウェブページを作成しているからです。

 

初期費用は0円でも、リース契約料として月々3〜5万円程度の費用がかかります。
謳い文句では「ページの作成から更新、運営管理まですべて月額料金内で行います」となっているのですが、本来その月額料金はPCやソフトのリース料なので、実際の運営管理などは全く行われていない場合も多々あります。

 

・ホームページはリース契約できません
本来、ウェブページのようなものはリースで契約することはできません。
それを無理やり他の商品などと抱き合わせて契約しているのがこの仕組みですから、当然内容にも無理が出てきます。
運営管理がされないばかりか、実際に作成されたページも非常に粗悪なもので、SEO対策はもちろんされておらず、セキュリティ面でも脆弱、ということが非常に多いのです。

 

いくら初期費用がかからず、何だかすごそうな機器やソフトも一緒にリースできるからお得に見えるからと言って、こうした制作会社と契約を結んでしまうのは大変危険といえるでしょう。

 

・適正価格を見極めよう
こうした契約に引っかからないために必要なのは、ホームページを制作会社に依頼する時の適正価格というものをしっかりと理解しておくことが大切です。
価格は会社によってまちまちなので、一概にいくら位が目安とは言えないのが難しいのですが、複数の会社から見積もりを取っていけば、おのずと標準的なラインが見えてきます。

 

単に安いからといって、それだけを基準に制作会社を選んでしまうと、公開することになります。
初期費用0円の謳い文句には、絶対に引っかからないよう注意して下さい。

 



ホームページの立ち上げの準備について 制作会社を選ぶポイントとは ホームページの維持管理についての基礎知識 ホームページの見積りについて 目的別制作会社の選び方 リース契約はここが危険