ホームページ制作会社を選ぶ5つのポイント

ホームページのリース契約、ここが危険!

イメージ

ホームページを制作会社に作成してもらおうとすると、安くても数十万円かかるのが相場です。
とてもそんな初期費用用意できない……という小規模な会社や個人営業のお店の人の目に止まりやすいのが、初期費用0円でホームページを作成してくれるサービス。
月々数万円支払うことで、ウェブページを初期費用無料で作ってくれるというものなのですが、ちょっと待って下さい。
こうした契約の多くが詐欺まがいの商法だとして、今とても問題になっているのです。

 

こうした契約は、「ホームページのリース契約」と呼ばれています。
「えっ、ホームページってリース契約できるの?」と思ったそこのあなた、正解です。
非常に重要なポイントなのですが、ホームページのようなオリジナルの制作物は、そもそもこの形では契約できません。
ではなぜ、このような契約方式がまかり通っているのかといえば、ウェブページの契約と見せかけて、その実態はPCやソフトウェアのリース契約だからです。

 

契約の内容は、下記のようなものです。
「月々○万円で、御社のウェブページ作成を初期費用0円で行います。
ウェブページ作成に使用したソフトウェアはそのまま御社に貸与されますので、自力での更新作業なども可能。
あるいは、最新式のPCを同じ月額料金内で使用することができます。」

 

この契約方式だと、制作会社はソフトウェアやPCを相手先に納品し、クレジット会社や信販会社から一括で契約金の全額を受け取ることができます。
手軽にまとまった金額を稼げるため、参入する悪質な業者があとを絶たず、その上、一度お金を手にしてしまったら後のサービスはいい加減ということも少なくありません。

 

作成されたウェブページは使い古されたテンプレートで、SEO対策も適当、更新作業などはもちろん行われません。
最悪の場合、肝心のページが納品されないこともあるそうです。

 

こうした悪質な業者に引っかからないためにはどうすればいいのでしょうか。
答えは簡単で、「初期費用0円のリース契約は絶対に行わない」ようにすればOKです。
どれほど魅力的な契約内容だったとしても、本来リース契約できるはずのないものを他の商品と抱き合わせで契約しようとしている時点でどうしても無理が出ます。

 

最近では、こうした契約の被害にあった業者が集まって、被害者連絡協議会を作っています。
悪質な業者名や関係者の名前を共有することができますので、気になることがあったらチェックしてみてはいかがでしょうか。

 



ホームページの立ち上げの準備について 制作会社を選ぶポイントとは ホームページの維持管理についての基礎知識 ホームページの見積りについて 目的別制作会社の選び方 リース契約はここが危険