ホームページ制作会社を選ぶ5つのポイント

ホームページ制作会社を選ぶ見積りの方法

イメージ

ホームページを外部の制作会社に依頼すると決まったら、まずはいくつかの会社に相談し、見積もりを取りますよね。
その見積もりの結果、一番条件がいいと思った会社と契約する、という流れが一般的だと思いますが、実はこの見積もりを取るときに、注意しておいたほうが良いポイントがあるんです。

 

この記事では、良い制作会社を選ぶための見積の取り方について、説明していきたいと思います。

 

・ホームページ制作会社の見積もりの出し方
まずは、制作会社がどのような考え方で見積もりを出してくれるのかを見て行きましょう。
依頼人に全くホームページの知識がなく、またコンセプトもあまり決まっていない状態で見積もり依頼を出したとします。
「こういう事業を行っていて、集客力をアップするためにサイトを作りたいのだがいくらくらいかかりますか?」というイメージです。

 

すると、ある会社では過去の実績から、似たような事業規模の会社で、こんなページを作り、こんなサービスを付加して結果を出した、という事例を元に見積もりを組んできます。
非常に実用的なのですが、その分費用は高くなってしまいました。

 

一方別の会社では、顧客からのぼんやりとした依頼に対し、ひとまず定番のシンプルなプランを提案してきました。
テンプレートとなるデザインを使用しており、ページ数も初期設定のとおりなので費用は安いのですが、この先話を進めていくと、価格が大きく変化する可能性があります。

 

・どちらの見積もりを取るべきか
上記の例だと、誰が見ても前者の見積もりを取った方が正解と考えるでしょう。
しかし、依頼する側に知識がなく、具体的なイメージも固まっていない場合、前者の見積もりをあまりにも高いと感じて後者に依頼をしてしまうケースが非常に多くなってしまいます。

 

こうした失敗を防ぐためには、やはり依頼する側もある程度ホームページに関する知識をみにつけ、どのようなページを作りたいのかというイメージを持っておく必要があります。

 

・より効果的な見積もりを取るためには
まずは、複数の制作会社に対し、どんなホームページを作ればいいのかを相談してみましょう。
その上である程度コンセプトが固まったら、その条件で複数の会社に見積もりを依頼します。
提出された見積もりやデザイン案を見比べることで、より自分のイメージに合った会社を見つけることができるはずです。

 

また、最初の相談の時点で全くアドバイスをくれない、相談に乗ってくれない会社はその時点でアウトです。
見積もりを依頼しても全くの無駄なので、選択肢からは省いて下さい。

 



ホームページの立ち上げの準備について 制作会社を選ぶポイントとは ホームページの維持管理についての基礎知識 ホームページの見積りについて 目的別制作会社の選び方 リース契約はここが危険