印刷加工の種類について

印刷加工の種類について

image

パンフレットやポスター、紙袋などの印刷物は表紙に印刷加工を施すことによって見栄えが良くなり、その宣伝効果を最大限に発揮できます。パンフレットやポスターでは会社名ではなくアピールするべき商品を強調し、紙袋ではブランドそのもののアピールをするなど目的が異なります。印刷加工には複数の種類があり、予算や用途に合わせて選ぶことが可能です。
最も一般的なのはラミネート加工で、pp加工とも呼ばれています。紙の表面に熱転写によってppフィルムを貼ることで紙を保護することが出来るほか、耐水性も高まります。雑誌や書籍のカバーにも用いられるだけでなく、ファッションブランドやアクセサリーブランドの紙袋にも施されることがあります。光沢感を出す加工や逆にマット感を出す加工などを選ぶことが可能で、印刷する文字などに合わせて適切なものを選ぶとより効果があります。
ラミネート加工と仕上がりが似ているのがプレスコート加工です。ラミネート加工は紙の表面にフィルムを貼りますが、プレスコート加工は熱硬化性樹脂という塗料を紙に塗って圧着させる加工です。マット感を出すことは出来ないものの、光沢感ではラミネート加工に勝るとも劣らない出来映えになります。費用面も安く、コストパフォーマンスを重視したい場合におすすめできる加工方法だと言えます。

 

image古くから使われている印刷加工がニス加工です。紙に印刷した後、ニスを塗ってコーティングすることで光沢感を出します。印刷と同時に加工できるためコストが安いことに加え、納期も早くなります。また、他の印刷加工とは異なり紙の質感を損なうことなく加工できます。
また、印刷物に会社のマークを入れたり、文字を浮き上がらせる加工もあります。前者が箔押し加工で、後者がエンボス加工と呼ばれています。箔押し加工は紙の上に箔を重ねて接着剤で接着させるとともにプレスすることで金属的な光沢感を出す加工方法です。紙袋などで文字を強調したい場合に有効です。エンボス加工は紙を浮き上がらせる加工方法で、表現したい文字や図柄を版にして紙の両側から圧力を掛けて浮かび上がらせるか、エンボス加工用の特殊インキを紙に盛ることで文字などを浮き上がらせます。
印刷加工は多くの種類があり、用途によって向いている加工方法が異なります。検討を重ね、パンフレットやポスター、紙袋など印刷物の効果を最大限に発揮できる加工方法を選ぶことが大切なのです。"



ホームページの立ち上げの準備について 制作会社を選ぶポイントとは ホームページの維持管理についての基礎知識 ホームページの見積りについて 目的別制作会社の選び方 リース契約はここが危険