ホームページ制作会社を選ぶ5つのポイント

ホームページ制作会社の維持管理について

イメージ

ホームページは、作ってしまえばそれで終わり、ではありません。
商品情報や営業日、営業成績など、状況に応じて様々な情報を更新していく必要があります。
また、場合によっては新しいページを作らなければならないこともあるでしょう。

 

ホームページの作成を制作会社に依頼すると、こうした更新作業まで請け負ってくれる会社と、そうではない会社によって対応が分かれます。
この記事では、ウェブページ制作後のアフターフォローに注目して、どんな会社を選ぶべきなのかを考えていきたいと思います。

 

・アフターフォローのサービスは必要か?
当然ですが、更新作業などを制作会社に依頼しようとすると、何らかの形で費用がかかります。
見積書には主に維持管理費などの名目で計上されていますので、チェックしてみましょう。

 

さてこのアフターフォロー、あるのとないのとでどんな違いが出てくるのでしょうか。
ホームページ制作会社が行うアフターフォローとは、すなわち、「ウェブページを訪れた人のアクセスを解析し、より効果の上がる内容にページを更新していく」作業の事です。

 

事前の打ち合わせを元に、制作会社は効果的なウェブページを作成してはいますが、それでも実際にどんな結果が出るかは、一定期間運営してみないと分かりません。
そこで、インターネットのアクセス状況を分析し、その結果に基づいてそのページの悪い点、良い点を見極め、より効果的なページになるよう作り変えていくのです。

 

このサービスがない場合、思ったような効果が上がらなくても依頼人には何が原因か、どうすればいいのかが分からず、結果として無駄な経費を使ってウェブページを作っただけ、ということにもなりかねません。
ウェブページの運営は、始まってからが肝心なのです。

 

・どのような制作会社を選べばいいのか?
維持管理費は、会社によって大きく料金が違います。
また、最初から維持管理が料金に含まれず、追加で相談したい場合は別途料金を支払わなくてはならない会社もあります。

 

まずは担当者とよく話し合いを行い、どのようなアフターフォローがあるのかをチェックする必要があります。
複数の会社の見積もりやサービス内容を比較することで、次第にその差が見えてくることと思います。

 

この時、サービス内容についての説明が無かったり、聞いてもはぐらかされてしまったりするような会社は要注意です。
また、その会社が制作した他のウェブページをチェックして、交信が放りっぱなしになっていないかを確認するのも効果的です。

 



ホームページの立ち上げの準備について 制作会社を選ぶポイントとは ホームページの維持管理についての基礎知識 ホームページの見積りについて 目的別制作会社の選び方 リース契約はここが危険