ホームページ制作会社を選ぶ5つのポイント

実績数だけのホームページ制作会社は危険

イメージ

ホームページの制作会社を探してインターネットのページを検索していると、「制作実績○千件!」などの謳い文句がついているサイトが複数出てきます。
こうした会社の場合、多くは請け負っている会社の業種も多種多様で、突出して得意なジャンルというものがなく、とにかく数だけをこなして実績をあげようとしている実態を垣間見ることができます。

 

「それだけたくさんのページを作っているならノウハウもあるのでは?」
「実績がある会社のほうが信頼できるのではないか?」
という意見もあることと思います。
もちろん、こうした意見も正しいのですが、あまり安易に考えて受け入れてしまうのも考えもの。

 

そこでこの記事では、制作実績の数に注目して依頼先を選ぶ時の注意点について、ご説明したいと思います。

 

・数をこなせばノウハウも増える?
確かに、数多くのホームページを作ってきた制作会社なら、成功例・失敗例なども多くあるのではと考えがち。
しかし、実際にはほとんどが失敗例で、成功例はほとんどないということだってあるのです。

 

ホームページを作るのには、それなりの時間と労力がかかります。
年間で大量の受注をこなそうとすれば、クオリティを下げるか、人員を増やして対応するより他ありません。
その会社が作っているホームページ、どこも似たり寄ったりのデザインになってはいませんか?

 

もしそうなら、その制作会社は依頼人のニーズに合わせてデザインを考えることをせず、テンプレートのデザインを売り込んでいるだけの会社かもしれません。

 

・実績の数は多ければ多いほどいいのか?
実績のない制作会社より実績のある会社を選ぶべきだというお話は、別の記事で述べさせて頂いておりますが、だからと言って、実績の数がむやみに多ければいいというものではありません。

 

大切なのは、質なのです。
実績の数は少なくても、質の良いホームページを納品している制作会社こそが、最も信頼できる相手なのです。

 

それを見極める方法の一つとして、自分と同業種の仕事をどれくらい受けているかを確認する、というものがあります。
病院であれば医療系の、学校であれば教育系のウェブページを作成した実績が、どれくらいあるか?
そのページは実際にどのようなものか?

 

同業種で質の良いページを多く作っている会社なら、実績の数がさほど多くなくても信頼ができます。
逆に、同業種のページを殆ど作ったことがないような会社なら、ノウハウは少ないと考えて良いかもしれません。

 

実績の数だけでなく、その質にも注意して会社を選ぶ必要があるのです。

 



ホームページの立ち上げの準備について 制作会社を選ぶポイントとは ホームページの維持管理についての基礎知識 ホームページの見積りについて 目的別制作会社の選び方 リース契約はここが危険