ホームページ制作会社を選ぶ5つのポイント

ホームページ制作会社とSEO対策の質

イメージ

ホームページを使って業績アップを狙いたい場合、重要なポイントになるのがSEO対策です。
ウェブページの作成を手がける制作会社も、「万全のSEO対策」を謳っていることがほとんどです。

 

しかし、依頼する側がこのSEO対策についてある程度知識を持っていないと、本当に万全の対策が行われているかどうかを判断できませんよね。
そこでこの記事では、SEO対策の観点から制作会社を選ぶポイントについてご説明していきます。

 

SEO対策とは、検索エンジンにキーワードを入力してサイトを探した時に、できるだけ最初の方にサイトが表示されるようにホームページを作る方法のことを指します。
具体的には、いくつかのキーワードを指定しておき、それをウェブページのプログラムに書き込んでおくことで、検索エンジンがサイトを見つけやすいようにします。

 

例えば、保険代理店のホームページを作る時、キーワードを「保険 代理店」と決めたとします。
確かにそのキーワードで検索すれば、サイトは上位に表示されるかもしれませんが、実際に保険の代理店を探している人がそのキーワードで検索をするかどうかは分かりませんよね。
むしろ、「自動車保険 地名」などで検索する人の方が多いのではないでしょうか。

 

SEO対策で利用するキーワードは、通常、クライアントと制作会社の担当者が打ち合わせをして決めます。
このため、担当者がその業界のネット事情にある程度詳しくないと、適切なキーワードを選択できない可能性があります。

 

また、依頼する側もネットに関する知識がなければ、漠然としたキーワードで十分に顧客を集めることができると考えてしまいがち。
そうして出来上がったサイトは確かに指定のキーワードで検索されれば上位に表示されるものの、実際の利用者のニーズとは噛み合わず、結果として集客効果を上げられないことになりかねません。

 

ホームページ制作を外部の制作会社に依頼する時は、単に万全のSEO対策という文言だけに躍らされることなく、本当に質の良いSEO対策を行ってくれるかどうかを見て、選ぶ必要があります。
そのためにも、まずは複数の会社に見積もり依頼や打ち合わせの依頼を入れてみましょう。
知識のある担当者が派遣されるのか、知識がなくても実態をきちんと調べた上で対策してくれるのか、通り一遍のSEO対策だけですまそうとするのか、対応を見極めていく事で、より質の良いサイト作りに近づくことができます。

 

SEOは、ホームページ作成において、今やあって当然の対策です。
大切なのは、その質にあるということを、忘れないようにして下さい。

 



ホームページの立ち上げの準備について 制作会社を選ぶポイントとは ホームページの維持管理についての基礎知識 ホームページの見積りについて 目的別制作会社の選び方 リース契約はここが危険