ホームページ制作会社を選ぶ5つのポイント

作業内容でホームページ制作会社を選ぶ

イメージ

ホームページを制作会社に依頼する際、どうしても金額を重視してしまいがちですよね。
同じような内容のサイトを作るのであれば、当然、値段が安い会社に依頼したくなってしまいます。

 

けれども、ちょっと待って下さい。
その安い見積もりの中には、一体どんな作業内容が含まれているのか、きちんと把握はできていますか?
今回の記事では、見積もりからだけでは把握しにくい、実際の作業内容について詳しく見て行きたいと思います。

 

ホームページ作成に関する見積もりをチェックしていると、「画像使用料」や「原稿料」といった項目がプラスされていることがあります。
これは、ウェブページを作成するにあたって、写真やイラスト等の素材を利用するためにかかった費用のことです。

 

ホームページで使用できる写真やイラストには、無料のものもあれば、データを購入しなければならないものもあります。
また、制作会社に寄っては専門のデザイナーに作成を依頼することもあります。
良い素材を使おうとすればそれだけコストが掛かることになります。
逆に、無料の素材であればコストは削減できるものの、仕上がりがどこかで見たような個性のないものになってしまうこともあります。

 

また、ホームページに載せる情報についても、制作会社が原稿を作ってくれる場合と、依頼する側が原稿を書き、制作会社はそれを入力するだけの場合があります。
当然、原稿を代筆してもらおうとするとそれだけコストが掛かってしまうことになります。

 

しかし、依頼する側が写真やイラスト、原稿などの素材を全て用意するとなると、コストは削減できるもののそれだけ時間と労力がかかります。
また、専門的な知識のない人間が作ると、どうしても余分な情報が混ざってしまったり、デザイン性が失われたりしてしまいがち。
より洗練されたページを作ろうと考えているなら、やはりプロに依頼するのが一番なのです。

 

安い見積もりと高い見積もりには、こうした違いが含まれていることが多々あります。
しかし、依頼する側にある程度の知識がないと、こうした作業内容にまで気が回らず、つい安い見積もりの会社に依頼してしまい、思いもよらない作業を強いられてしまうことがあるのです。

 

制作会社にホームページ作成を依頼する際には、どこまでの作業を相手が担当してくれるのか、事前にきちんと把握しておくようにしましょう。
こうした作業の有無も踏まえた上で見積もりの内容を比べることで、より正確なコストを割り出すことが可能になります。

 



ホームページの立ち上げの準備について 制作会社を選ぶポイントとは ホームページの維持管理についての基礎知識 ホームページの見積りについて 目的別制作会社の選び方 リース契約はここが危険