ホームページ制作会社を選ぶ5つのポイント

ホームページ制作会社の役職名

イメージ

ホームページ制作会社に限らず、IT関連企業の役職名は、少し特殊です。
ディレクターやプロダクトマネージャーなどの横文字が多く使われ、日本の一般的な企業で使われるような部長や課長といった肩書きはあまり使われません。

 

同じIT関連企業ならばまだしも、全く別の業界の人間がこの役職名を見ても、一体誰がどんな仕事をしているのか、責任者が誰なのかがすぐには分かりにくいですよね。
そこでこの記事では、ホームページ作成を制作会社に依頼するための準備として、業界でよく使われる役職名について説明していきたいと思います。

 

・プロダクトマネージャー
一般には、この役職名がついている人物が全体の責任者であることが多いです。
制作進行を取り仕切る役目を持っている人で、顧客と打ち合わせを行いながら、作成プロジェクト全体の進行を管理します。
この人物との意思疎通が上手く行かないと、顧客が望む通りのページは出来上がりません。
制作会社を決める際にも、プロダクトマネージャーの良し悪しが重要になってくることもあります。

 

・Webプロデューサー
予算管理やスケジュール管理を主に行う役職です。
実際の制作に携わることはあまりなく、社内でのスケジュール調整や予算獲得などの裏方作業に徹する事が多いようです。
会社によってはプロダクトマネージャーがこの仕事を請け負っていることも少なくありません。

 

・Webディレクター
監督、という意味の肩書きが表す通り、実際にホームページを制作する際のチームを統括する役職です。
プロダクトマネージャーとともに、顧客からの依頼を具体的なデザイン、ホームページ構成として設計し、制作作業を管理します。
この仕事も、プロダクトマネージャーが兼務していることがよくあります。

 

・Webデザイナー
ディレクターが立案したウェブページ案を、実際のデザインに落としこんでいく役職です。
美術関係のスキルを持つ人が多く、ウェブページの見た目の印象はこのデザイナーの腕にかかっていると言っても過言ではありません。
・プログラマー
デザイナーが作ったデザインを、実際にインターネット上で表示できるよう、HTML言語でプログラミングしていく仕事です。
CSS、CGI、JavaScriptといった複雑な言語も使用する機会が増えているため、高度なスキルと最新の知識が求められます。

 

以上が、ホームページ制作に関わる仕事をしている人の、主な役職名です。
会社によって微妙な違いはありますが、大体このような役割分担になっていると言っていいでしょう。

 

制作会社との打ち合わせ時に名刺をもらうことがあったら、まず肩書きをチェックしてみると相手がどんなスキルを持っている人かわかるかもしれません。

 



ホームページの立ち上げの準備について 制作会社を選ぶポイントとは ホームページの維持管理についての基礎知識 ホームページの見積りについて 目的別制作会社の選び方 リース契約はここが危険