ホームページ制作会社を選ぶ5つのポイント

デザイン力のあるホームページ制作会社とは

イメージ

ホームページ作成にとって、デザインは命と言っても良いものでしょう。
どれほど優れた内容が書かれたページでも、デザインが悪ければ読んでもらうことはできません。
また、最初に訪れたTOPページのデザインが優れていると、それだけで会社のイメージも良くなります。

 

こうした理由からも、ホームページ作成を外部の制作会社に依頼する場合、多くの人がデザイン性の高さを重視しているのではないでしょうか。
しかし、デザインと言っても色々なパターンや傾向があり、コレなら絶対に売上が上がる!というルールはないのが実情です。

 

とは言え、最低限押さえておくべき基本はあります。
この記事では、デザイン面のポイントを踏まえつつ、どのような制作会社を選べばいいのかを見て行きましょう。

 

・見やすさ・使いやすさ
インターネットの世界では「ユーザビリティ」などとも呼ばれます。
ホームページでは、利用者が求める情報がどこに載っているかが分かりやすい、リンクが見やすい、字が読みやすい、ぱっと見で伝えたいコンセプトが分かる、などのユーザビリティが求められます。
いくら視覚的なデザインにこだわって、カッコ良い作りのページでも、ユーザーが使いにくいと感じてしまえば意味がありません。

 

・写真や画像の使い方
TOPページに印象的な写真や画像が使われていると、それだけでその会社に対するイメージが変わることがあります。
このため、ビルや空、植物などの風景写真が使われることが多いのですが、あまりにパターン化されたものが使われていると、他社との差別化が測れないこともあります。
デザイン費がいくら安くても、どこかで見たような写真ばかりを使ってくる制作会社には、要注意です。

 

・文字の使い方
デザインの中で意外と軽視されがちなのが文字の使い方です。
ホームページは基本的に字を読んで情報を得る場所なので、字の大きさやフォント、行間等を丁寧に調節することで、同じ文章でも格段に見やすく、頭に入りやすくなります。
優れたデザイン力を持つ制作会社は、文字の配置や大きさにまで気を配っています。

 

いま例に上げたのは、ウェブページデザインの中でも特に分かりやすいポイントです。
実際に制作の過程を見ていくと、他にも色々なポイントが有るのですが、まずはこの三点を押さえた上で、制作会社を選んでいくといいでしょう。

 

もちろん、こだわれば拘るほど費用がかかりますから、どこを重要視するかは予め絞り込んでおくのがオススメです。

 



ホームページの立ち上げの準備について 制作会社を選ぶポイントとは ホームページの維持管理についての基礎知識 ホームページの見積りについて 目的別制作会社の選び方 リース契約はここが危険