ホームページ制作会社を選ぶ5つのポイント

ホームページ制作会社を担当者で選ぶ

イメージ

ホームページ制作会社を選ぶ上で大きなポイントとなる5つ、実績・価格・企画力・デザイン力・アフターフォローについては、これまでで詳しく説明してきました。
そこで、ここからはそれ以外の細かいポイントについていくつか、ご説明していきたいと思います。

 

良いウェブページを作る上で大切なのは、その企業の目的にあったコンセプトでページが作られ、更に定期的な更新などで効果的に運用されていることです。
そのためには、依頼主となる企業と制作会社がしっかりとコンセプトやニーズと言った情報を共有し、お互いに納得した上で契約を交わす必要があります。

 

この時に大きなポイントとなるのが、担当者です。
ホームページを作成していく上で、依頼人のニーズをより細かく引き出し、それに応えられるページを納品できるよう、社内の作業を統括する役割を持っています。
プロダクトマネージャーなどの肩書きがついていることもあります。
当人が実際にデザインしたり、コーディングしたりするわけではありません。
場合によっては基礎知識程度しか技術を持っていない場合もあります。

 

それでも、このプロダクトマネージャーが制作会社を選ぶ上で決め手の一つとなる理由は、ひとえにそのコンサルティング能力にあります。
もし、コンサルティングの力が低い人間があなたの会社の担当になったらどうなるでしょうか?
あなたがいくら会社のニーズや必要なコンセプトを説明しても、それは担当者に伝わらず、また伝わったとしても全く見当違いのデザインを提案されてしまう、納品されてしまう恐れがありますよね。

 

一方で、プログラミング等の知識はあまり持っていないけれど、顧客のニーズを引き出し、それに応える能力の高い担当者なら、打ち合わせを重ねるごとに企画はより良い物になり、結果、納品されたページも満足の行くものになっている可能性が高くなります。

 

また、担当者自身にも制作するページの得手不得手があることがあります。
商店系のページを作って成功させた経験はたくさんあるけれど、メーカー系はイマイチ……と言うこともあるでしょう。
制作会社のレベル自体はA社の方が上でも、そのジャンルが得意な担当者がいるB社の方が結果として良い物を納品できる場合もあります。

 

このように、会社の窓口となる担当者は、あなたのニーズを的確にホームページに反映させるためには無くてはならない存在です。
そんなことも考えつつ、制作会社を選んでみるというのはどうでしょうか。

 



ホームページの立ち上げの準備について 制作会社を選ぶポイントとは ホームページの維持管理についての基礎知識 ホームページの見積りについて 目的別制作会社の選び方 リース契約はここが危険