ホームページ制作会社を選ぶ5つのポイント

ホームページ作成準備〜発信する内容

イメージ

ホームページを何のために作るのか、その目的や戦略が固まったら、次に必要になるのは乗せるべき情報です。
ホームページを作る目的に合わせて、必要な情報をわかりやすく記載する必要があります。

 

今回は、掲載するべき情報や内容について、ポイントや注意点についてご説明していきます。

 

・必ずこれだけは載せるべき情報
あなたのホームページには、どんな目的を持ったユーザーが訪問するのでしょうか?
商品に興味があるのか、会社そのものに興味があるのか、その業界にどんな会社があるのかを調べているのか、などなど、ユーザーの目的は様々です。

 

あらゆる希望に答えることはとても難しいのですが、必要最低限掲載しておくべき情報というものがあります。
例えば、多くの企業ページでは、必ず以下の情報が記載されています。
@ 会社概要
A ポリシー
B 事業内容
C アクセス情報(地図・電話番号など)
他にも、社員紹介や社長の挨拶などが掲載されていることが多いですね。

 

インターネット上で情報を集めるためには、トップページなどを見て、まずどんな会社で何をしているのかが分かることが大切です。
デザインはかっこいいけれど、一目見てどんな会社化がわからないようなウェブページは、敬遠されやすい傾向にあります。

 

・情報は載せれば載せるだけ良い?
時々見かけるのですが、会社に関するありったけの情報をとにかく詰め込んでいるページがあります。
しかし、こうしたページはかえって逆効果。
よほど分かりやすいページの作り方をしないと、どこにどんな情報が載っているのかが分からなくなり、結果として会社が伝えたいことがユーザーに伝わらないケースが多いからです。

 

もちろん、ウェブページの運営が軌道に乗ってきたら、それまでに培ったノウハウを元に情報やページを増やしていけばいいのですが、最初から多くの情報を詰め込んでしまうのはNG。
費用もそれだけ多くかかってしまいます。

 

まずは、ホームページの目的に合った情報を整理して掲載することが、訪問されやすいページ作りの第一歩になります。

 

・情報の取捨選択は、制作会社と打ち合わせしよう
どのページにどんな情報を記載するのか。
その情報はホームページの中でどれくらい優先順位が高い情報なのか。
こうしたことも、制作会社と相談しながら決めていくことができます。
制作会社はデザインのプロですから、リンクの貼り方、強調の仕方など、様々なノウハウで情報を見やすく整理してくれるはずです。

 

まずはこの情報を発信したい、という内容をリストアップして、それを元に制作会社と打ち合わせしてみましょう。
不要な情報、追加するべき情報などについて、的確なアドバイスが貰えるかもしれません。

 



ホームページの立ち上げの準備について 制作会社を選ぶポイントとは ホームページの維持管理についての基礎知識 ホームページの見積りについて 目的別制作会社の選び方 リース契約はここが危険