ホームページ制作会社を選ぶ5つのポイント

ホームページ作成準備〜専門用語解説

イメージ

ホームページ制作会社のサイトを見ていて、専門用語が難しくて理解できなかったことはありませんか?
テレビのニュースやインターネットニュースでも当たり前のようにネット用語が飛び交っていますが、実は意味がよく分からないまま受け取っている人も少なくありません。

 

しかし、そのままでは制作会社がいくら良い提案をしてくれてもイマイチぴんと来ませんし、逆に粗悪な提案をされても気が付けないかもしれません。
そこで、この記事ではホームページ作成に関わる専門用語の代表的なものをご紹介していきたいと思います。

 

・ウェブページ
インターネット上に公開されている文書データのこと。
文字、画像などをHTMLと呼ばれる言語でレイアウトすることで、多様なデザインを表現できる。
複数のページが集まって一つの塊となっているものをウェブサイト、ホームページなどと呼ぶ。

 

・SEO
検索エンジン最適化の略称。
GoogleやYahoo! に検索されやすくするための対策方法で、これを行っていないと効果的なサイトが作れない。
ウェブページの特定の箇所に、HTMLなどでタグと呼ばれるキーワードを書くことで検索されやすくなる対策が人気。

 

・HTML、CGI、Javaスクリプト
いずれも、ホームページをインターネット上で見られるようにするためのプログラミング言語。
HTMLは全ての基本となるもので、これによって文字の大きさや写真の表示位置が指定できる上、検索エンジン向けのページ説明などを入れておくこともできる。

 

CGIはサイトを閲覧した人からの質問を受け付けるメールフォームなどによく利用される。

 

Javaスクリプトはページ上に配置した画像や文字などを動かしたり、動きをつけたりするためのプログラミング言語。

 

・Flash
インターネット上で簡単に表示できる動画やゲームなどのデータ。
インタラクティブなページ作りには不可欠とも言える。
ブラウザなどの環境によっては表示できない事もあるので、多用には注意が必要。

 

・サーバー
作成したホームページのデータが保管されている場所。
インターネットのシステムによって住所のようなものが割り当てられており、指定の住所にデータを置いておく(アップロードする)事でウェブページとして閲覧することができるようになる。

 

以上、簡単なものだけざっと説明してみました。
もちろん、実際の打ち合わせ時にはこれ以外にもたくさんの専門用語が登場することと思います。
もしわからない言葉があれば、担当者に聞いてみましょう。
分かりやすく説明してくれる担当者であれば信頼できますし、全く説明がないようであれば、その会社は信頼出来ないと考えても構わないでしょう。

 



ホームページの立ち上げの準備について 制作会社を選ぶポイントとは ホームページの維持管理についての基礎知識 ホームページの見積りについて 目的別制作会社の選び方 リース契約はここが危険