ホームページ制作会社を選ぶ5つのポイント

ホームページ作成準備〜社内担当者を選ぼう

イメージ

ホームページの作成を外部の制作会社に依頼するにあたって、準備しなければならないことの一つに「社内担当者の選出」があります。
いわゆる、ホームページ作成・運営管理を社内で担当する人間のことです。

 

インターネットの世界は日々進歩しています。
技術の刷新もめざましく、制作会社も積極的に新しいノウハウを取り込んでページ作りを行っています。
もし、依頼する側の人間にこうしたインターネットの知識が全く無かったら、どうなってしまうでしょう。
良い制作会社を選ぶことは愚か、どんなページを作ればいいのかも正しく判断することができなくなってしまいます。

 

そこで、人員に余裕があるならある程度インターネットに詳しい人間を社内における担当者に選ぶことをオススメします。
日頃から趣味や調べ物などでインターネットを見ることが多く、使いやすいデザインや検索の仕組みなどに詳しい人がいればベストです。

 

もし、そうした知識を持つ人が全くいない場合は、ひとまず担当者を任命しておき、本屋などで市販されている関連書籍を読むなどして、インターネットに関する基本的な知識を身につけさせましょう。
そうすることで、実際にホームページ作成を依頼する段階になった時も、会社が求めるイメージをより具体的に制作会社に提示しやすくなり、コスト削減にも繋がります。

 

ホームページ作成の社内担当者が求められる仕事の内容はいくつかあります。
まずは、制作会社選び。
自社のイメージにより近いページを作ってくれる会社を見極め、デザインなどを詰めていきます。

 

次に、制作のハンドリングも必要になります。
依頼先の会社が実績もあり、仕事内容がしっかりしているのであればさほど心配する必要はありませんが、依頼先によっては進捗報告すらしてこなかったり、依頼した内容とは全く違うものを仕上げてきたりする会社も少なくありません。

 

こうした失敗を防ぐためにも、制作会社と綿密に連絡を取り合い、制作進行状況を把握しておく必要があります。

 

また、社内からの要望をいかにして取りまとめ、デザイナーなどと打ち合わせるかも重要です。
社内にはインターネットに詳しい人もいれば、全く詳しくないけど何となくのイメージだけは持っているという人もいるでしょう。
あらゆる人の希望をすべて聞いていたのでは良いページは出来上がりませんから、社内の要望をよくヒアリングした上で、意見を取りまとめて制作会社に伝えるスキルが求められます。

 



ホームページの立ち上げの準備について 制作会社を選ぶポイントとは ホームページの維持管理についての基礎知識 ホームページの見積りについて 目的別制作会社の選び方 リース契約はここが危険